万古焼
俵形茶碗 (共箱)
松古窯 佐久間勝山(佐久間芳山極め)

寸法:高さ 約7.5cm(本体) 径 約12.3cm×約11.8cm
作者:松古窯 佐久間勝山


淡々斎より「松古」の窯名をいただいた千家好窯として有名で、萬古の先達沼波弄山の系統で、安政3年築窯4代目佐久間勝山の作です。
代々茶陶専門に、登窯焼成で造っておられ、瀬戸の他、色絵、交趾、青磁、李朝時代の写物など作風は様々です。
ご紹介する茶碗は三島で内側は刷毛目で、全体の形は俵形になっており外側は彫描で俵を表現しています。
福寿と目出度い文字が両端に描かれています。
また高台は枡形になっていて見所です。
全体にはんなりとした御本がよく現れていて良い景色となっています。
箱書は勝山の共箱ではなく、息子の芳山の極め箱です。
芳山氏の箱書は主に代筆で奥様が書いていらっしゃることが多いので違う筆跡に思われる方も多いかと思いますが、こちらは芳山氏による筆でございます。
状態 新品
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top