雪竹 土器皿 (極箱)
永楽得全 即全極め

寸法:高さ 約4.2cm 径 約27.6cm
状態:古物A

得全は短い間しか製作期間がないため作品数はあまり多くはないのですが、とても味わいのある作品が残っています。
素晴らしい構図で雪竹絵が描かれています。
力強い竹が勢いよく描かれ、優しい色合いの笹には真っ白な雪がふんわりと降り積もっています。
また金砂子が絶妙に降りかけられていて上手に雪竹絵をまとめ引き締めています。
一部に釉のハネやソゲなどが見受けられますが、当初からのもので大きく作品の評価に影響するものではございません。
土器といったら釉(うわぐすり)をかけない素焼きの陶器のことを指しますが、即全の極めでは土器皿と書いていらっしゃいますが釉薬は全体に掛かっています。
土器と同じように比較的低温度でやいてあり軽く出来ています。
こちらは古物市場での仕入れで古物扱いですが、使用感は全くありません。
お菓子を盛り付けてもとても映えると思いますが、このまま飾り皿として皿点てに飾って置かれても絵画のようでとても力のある皿です。

永樂得全(14代) (1852年-1909年)
嘉永6年生まれ。
12代永楽和全の長男で14代永楽善五郎。
三井家、鴻池家の庇護を受け、仁清写、呉須赤絵を得意とする。
状態 古物A
販売価格 220,000円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満


茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

販売済みとなっている商品で新品と表記のものに関しましては作者手元や問屋に在庫がある場合もございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top