鼠志野茶碗 (共箱) 
加藤十右衛門

寸法:高さ約8〜8.4cm 径約12.4〜13.1cm
状態:古物B

力強く堂々としたフォルムでどっしりと安定感のある茶碗ですが、口造りは五岳に高低を与え、玉縁状に丸く穏やかにしてあるため力強さの中に優しさも同居した出来上がりになっています。
厚くかけられた長石釉がよくとけていて、その下に描かれた文様がほのかに浮かび上がっていていつまで見ていても飽きない美しさです。
茶碗を持った際の指あとの部分が釉が少しとれたため、強くこげた感じで濃い目に発色してあるところも景色になっているとともに作者の息遣いが感じられます。
見込みはタップリと広く大らかで濃茶を練るのに相応しいですが、もちろんさらりと薄茶茶碗として用いられても全然問題ございません。
高台の造り、土味の良さ、釉薬の掛け方なども非常に魅力的です。
脇には「十」の彫り書きのサイン(本人作)が力強くあります。
十右衛門の作品は多く扱ってきていますが、今までの中であくまでも個人的主観ではありますが一番の茶碗にめぐり合いました。
多少現在の十右衛門茶碗の相場より高めでの仕入れでしたが、自信をもってお勧めできる秀碗です。

加藤 十右衛門(明治27年 - 昭和49年)岐阜県土岐郡笠原町(現・多治見市)生まれ。八坂窯開窯。美濃大平の陶祖加藤景豊(加藤五郎衛門景豊)の流れをくむ。1958年に岐阜県の無形文化財保持者に認定。美濃桃山陶芸に魅力され伝統技法をベースに、志野、黄瀬戸、織部、美濃伊賀などを手掛けた匠。戦後の美濃陶芸再興復元に尽力。1974年、79歳で死去。


状態 古物B
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top