万古焼 青磁 袋鼠香合 (共箱)
松古窯 佐久間芳丘

寸法:高さ 約4.8cm 幅 約5.3×7.5cm
状態:古物A


淡々斎より「松古」の窯名をいただいた千家好窯として有名で、萬古の先達沼波弄山の系統で、安政3年築窯4代目佐久間勝山の弟・佐久間芳丘の作品です。
形物香合番付の東方二段目前頭の青磁袋鼠香合の写しです。
本来は石榴(ざくろ)の実にのった栗鼠(りす)の姿ですが、縁起を喜ぶ茶人によって大黒天の吉祥に結びつけられ袋鼠と名付けられました。
形物香合として普通に販売しておられたか、干支「子」に合わせて販売しておられたのかは解かりかねますが、干支「子」香合としてはもちろん、形物香合として子年以外でもご使用いただけます。
2個を同時に古物で仕入れました。
たぶん未使用に思いますが、評価は古物Aとしてあります。
状態 古物A
販売価格 9,900円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top