東大寺別当 筒井寛秀書付
正倉院 白瑠璃碗写 瑠璃碗

寸法:高さ約8.5cm 径約11.6cm
状態:古物A


この茶碗は鵬雲斎大宗匠がご奉仕されました大仏殿供茶式の記念として正倉院伝世の名品「白瑠璃碗」を写した茶碗です。
東大寺別当(住職)の筒井寛秀の監修のもと保谷ガラスが製作しています。
円形の切子がそれぞれに凸レンズの働きをしており向こう側の切子が映り合い網目状に透視されます。
碗の底には「東大 寛」、箱書には「東大別当 寛秀」とあります。
この茶碗は本歌の雰囲気を出来るだけ伝えるため耐熱処理はしていないということで湯温は50度以下でと注意書きがあります。
冷茶での使用をお勧めいたします。
特に立礼棚での使用では黒い棚にとても映えて、とても美しい取り合わせになるかと思います。
古物市場での仕入れの為、全く使用感もないのですが未使用とは言い切れなかったもので一応状態は古物Aと記載させていただきました。
状態 古物A
販売価格 34,560円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top