大徳寺興臨院 大橋香林書付
万古焼 絵唐津茶碗 (共箱)
松古窯 佐久間芳丘

寸法:高さ 約7.5cm 径 約13.3〜14cm
状態:古物A


淡々斎より「松古」の窯名をいただいた千家好窯として有名で、萬古の先達沼波弄山の系統で、安政3年築窯4代目佐久間勝山の弟・佐久間芳丘の作品です。
この茶碗は古物市場でよく見かけていて安かったのですが仕入れるには今一のものしかなかったのですが、今回良い出来の作品に出会えたので初めて仕入れました。
轆轤目の美しさ、正面を少しおさえた形状、小砂混じりの土味とそれで出来る釉薬のハゼや味わい、高台のざっくりとした力強さ、焼き上がり、鼓の絵付けの雰囲気、などなど見所も多く良い茶碗でお勧めです。
この作品は数もあることから多分想像するに勅題の時のものではないかと思われます。
箱には絵唐津茶碗とのみありますが、鼓の絵から連想して雛祭りとか端午の節句、また謡や能とか取り合わせでお使いいただけます。
状態 古物A
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満


茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

販売済みとなっている商品で新品と表記のものに関しましては作者手元や問屋に在庫がある場合もございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top