万古焼
ぶりぶり 梅絵水指 (共箱)
松古窯 佐久間勝山

寸法:高さ 約18.5cm(本体) 口径 約13.5cm
状態:新古品

淡々斎より「松古」の窯名をいただいた千家好窯として有名で、萬古の先達沼波弄山の系統で、安政3年築窯4代目佐久間勝山の作です。
代々茶陶専門に、登窯焼成で造っておられ、瀬戸の他、色絵、交趾、青磁、李朝時代の写物など作風は様々です。
造形的には、一燈好の赤楽ぶりぶり水指に似ていてで、子供の玩具「ぶりぶり」を縦にしてあります。
落ち着いた色合いの生地に、錆絵で梅が描かれています。
描き慣れた筆で、勢い良く一気に描かれた感じで、生命力に溢れています。
塗蓋は西村勇斎の作で、当店のモニターでは塗蓋のみで撮った写真が一番近い感じに映っていて、漆がもやもやっと濃淡の模様が出た感じになっている味わい深い色合いの溜塗りです。
勝山の絵付けの水指の上作部類にはいる大変出来の良い水指です。
状態 新古品
販売価格 145,800円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top