大徳寺 総見院 山岸久祐
茶杓 銘「不審」 共筒・共箱

寸法:長さ 18.1cm  
状態:新古品

京都臨済宗大徳寺・総見院住職。
総見院にある胡蝶侘助椿の古木を以って作られた大変味わいのある茶杓です。
節はないのですが、名称からいいますと節上は磨いて木目が綺麗に表われており、節の部分はごつごつと荒く削り、節下はパスッとへいだようになっていて、それぞれの景色となっています。
栞が入っていますので以下原文です。
「総見院の胡蝶侘助椿
総見院が天正年間に豊臣秀吉公により主君織田信長公の菩提を弔らう為に創建された、その当時に千利休宗易居士により、秀吉公に献上されたのを、居士と最も親交の厚かった、当院開祖古渓和尚によって植えられたものと伝えられており、樹齢は約四百年、又同種の椿としては、日本最古最大のものであるといわれています。 院主白 」
【不審】(ふしん)
いぶかしい、はっきりとしないという意味です。
「不審花開今日春」という禅語があり、なぜ春になって花が咲くのか、自然は一切のはかりごとなく無為自然に運行されるということです。
ちなみに表千家の「不審庵」は利休が古渓宗陳に庵号をもとめた際に、この禅語よりつけられたとされています。
人智を超えた自然の偉大さ、不思議さに感動する心とも言えると表千家のホームページに「不審庵」の号のことについて記載してありました。
状態 新古品
定価 118,800円(内税)
販売価格 65,000円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top