膳所焼 肩衝茶入 (共箱)
陽炎園 岩崎新定

寸法:高さ 約8.5cm 径 約5.7cm
状態:新古品

遠州七窯で知られた膳所焼ですが、明治に一時途絶えその後大正8年、岩崎健三が名窯の廃絶を惜しみ山元春挙画伯とはかり、再興しました。
本作品は2009年に死去されました先代・新定氏の作です。
正面に流れている釉薬の景色が抜群の焼き上がりです。
肩衝のシンプルな形状で取り合わせのしやすい茶入です。
仕服は円文白虎朱雀錦(龍村製)がそっています。
未使用長期保管で箱にはシミが出ていて時代感があります。
茶入本体と仕覆は新品同様です。
牙蓋裏の金箔が若干変色・擦れがあります。
 
状態 新古品
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top