尾戸焼 管耳付水指 (共箱)
土居庄次

寸法:高さ 約16.6(摘み含む)cm 径約15.7cm
作者:土居庄次


尾戸焼は、承応2年土佐藩山内家の御庭焼として高知城の近くに開窯、その後文政3年能茶山に移窯しました。
現代でも水簸(水で粘土を篩にかける)で精製し、主としてその土で作陶し、技術は開窯より丹精で薄作りの作風が伝承されています。
本作品は腰が膨らみ安定感があり上部は円筒形で管耳が付いています。
釉薬の濃淡が味わい深い景色となっていて茶味に溢れています。
状態 新品
販売価格 56,700円(内税)
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top