了々斎好写
南紀桧炭斗入れ子 (共箱)
芝安雄

寸法:高さ 約12cm 幅 約23cm 風炉用
高さ 約9.4cm 径27cm 炉用
状態:新古品


熊野細工と呼ばれいつごろからあったか明らかではございませんが、伝えによると源平時代からあったといわれているそうです。
昭和53年に和歌山県名匠表彰・同県政功労者表彰、昭和60年に黄綬褒章受章。
平成12年、伝統工芸の保持発展に尽力した人々に贈られる「日本キワニス文化賞」受賞。
平成28年度「田辺市文化賞」を受賞。
伝統工芸「皆地笠」の唯一の継承者であり、茶道具では花入、茶籠、炭斗を造っておられます。
この炭斗は仕入れてから倉庫に保管しており、初めて開封して写真撮影をいたしました。
風炉用は丸みをもった可愛らしい形で、中の漆は茶色(妹塗り)です。
箸のほうの下地の和紙に塗りのもれている箇所があるのと、見込みに一箇所漆がはがれ桧が見えている部分があります。
炉のほうは高さを低くして見込みは黒漆が施されています。
やはり端の方は下地の白い和紙がみえているのと、側面に一箇所アタリのようなあとがあります。
入れ子ということで間に紙をはさんで重ねてあったので、そのときに付いたのかと思ったのですが底があたる場所とは違う感じで、当初からのものかも知れません。
いずれにせよ、どちらも評価を著しく下げる傷とまでも言えないもので、あまり気になるものではないかと思うのですが、当店での在庫が長かったのと、上記の気になる点などを加味しまして仕入れ価格を切ってご紹介させていただきます。
檜材の編み方や材の太さなど替えてあり、大変味わいのある炭斗です。
状態 新古品
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top