京銘竹 沓舟花入 (紙箱)
竹憲

寸法:高さ 約11.7cm 径 約15.4cm (花入本体のみの最大値) 
状態:新品

京銘竹とは伝統的な方法で加工された京都産の竹で、色艶・形・材質が優れた物のみを指しています。
中でも代表的な4種類、白竹(火あぶり)・図面角竹・胡麻竹・亀甲竹は、平成6年京都府の伝統工芸品に指定されました。
この花入は景色の美しい白竹で、少し絞りの出ている部分もあります。
絞竹とはマダケの変異体で縦に深いしわが出現した珍しい竹のことで、味わい深く茶味があります。
「沓舟」は神官などの履く沓に形が似ているのでこの名があると言われています。
代表的なものには表千家六代覚々斎好があり太鼓舟の軸先にあたる部分を斜めに切り落としたものですが、今回ご紹介しています沓舟花入は写しのものではございません。
水を入れる部分は薄く透明の塗装をして漏れや汚れの防止処理をしてあります。
また、落としや花配りが付いていないので、より活けやすいように店に古い竹があったので落としを造りましたので添えさせていただきます。
あくまで素人が造りましたものなので、簡易的ではありますが底は面取りをして安定するようにはしてあります。
状態 新品
販売価格 16,200円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top