鵬雲斎大宗匠書付
大樋焼 三彩茶碗 (共箱)
十代 大樋長左衛門 

寸法:高さ 約8.1cm 径 約11.7〜12.1cm
状態:古物B

大樋焼は加賀藩五代藩主・前田綱紀公によって招かれた裏千家開祖・仙叟宗室に同道した茶盌造り師の土師長左衛門を始祖として、1666年の築窯から現在の11代当主まで茶陶一筋の名家として広く知られています。
伝統ある大樋焼特有の飴釉をはじめとして、白釉、碧釉、柿釉、黒釉など多種類の釉調を自在に操られた十代長左衛氏ですが、楽焼が中国・明代後期の三彩釉を起源とすると言われていることからかもしれませんが、三彩釉の作品も好んで手がけていらっしゃいました。
本作品は楽焼のもつ温かみのあるおおらかなフォルムで、巧みな箆使い成形してあります。
モダンな線紋が施され、はんなりとした三彩の釉薬が美しい景色となっています。
見込みには使用感はございますが、丁寧に使ってあるため綺麗に育っているといった表現が正しいです。
貫入の景色がとても美しく出ていて香炉釉のような雰囲気です。
状態 古物B
販売価格 0円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top