紫三島茶碗 (共箱)
森里陶楽

寸法:高さ 約8.1cm 径 約12.4cm
状態:新品

古来より茶人に人気の三島茶碗をオリジナリティーな作風で造っておられる森里陶楽氏の紫三島シリーズの茶碗です。
ひとつひとつ丁寧に捺された印花による文様は繊細で優美、レースを思わせる装飾で洋風なデザインと和のテイストをミックスされた陶楽三島。
今回ご紹介の茶碗は胴周りに縦に線が彫られているのが一つの特徴でリズミカルな動きと、釉薬の濃淡が生まれています。
同じ紫三島でも似てはいますが一点として同じ色合いではありませんし、形も少しずつ違ったり、文様や図柄・彫りなどで無限の組み合わせが出来ますので、お気に入りのを見つけられた際にはお求めになられますことをお勧めいたします。

作者経歴
京都生まれ。京都市在住。
京都市立日吉ヶ丘高校美術コース日本画科卒を経て京都府陶工専修訓練校卒業。
手塚玉堂氏に師事のあと、二代目陶楽に師事、作陶活動に入る。
平成8年に三代目「陶楽」を襲名。
京焼・清水焼展の通産大臣賞をはじめ、全国伝統工芸品公募展の日本商工会議所会頭賞など受賞。全国の百貨店などで個展開催。
伝統工芸士。
状態 新品
販売価格 17,600円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満

茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top