アマビエ 振出 (共箱)
今岡三四郎

寸法 : 高さ 約9.2僉〃5.2
状態 : 新品

京焼の人気若手作家である今岡三四郎さんの新作の振出です。
色んな作家さんたちも祈りや思いを込めて描いていらっしゃるアマビエですが、三四郎さんが描かれたアマビエは優しく繊細で色使いなどセンスにあふれています。
振出のフォルムも柔らかな曲線でとても愛らしい姿で、また菅蓋の糸の色にまでこだわり全体と調和しています。
高さがありますので雪点前・月点前の掛合(掛子)を用いる点前では、掛合に当たってしまい閉まりませんので、その他の茶箱点前のときにお使いください。
【アマビエとは】
江戸時代末期に肥後国(熊本県)に出現したといわれる妖怪。
肥後の海中に毎夜のようにひかるものが出没し、役人がおもむいたところ「アマビエ」と名乗り、「当年より六カ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げて、海中に帰っていったと言われています。
状態 新品
販売価格 15,785円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満


茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページへお進みいただいて、どうぞごゆっくりと御覧ください。

販売済みとなっている商品で新品と表記のものに関しましては作者手元や問屋に在庫がある場合もございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top