太宰府天満宮 菅原信良宮司
梅の木 茶杓 銘 「飛梅」  共筒・共箱 

寸法:長さ 約18.9cm
状態:古物A

太宰府天満宮の梅の木を使用して造られた茶杓で、太宰府天満宮39代目 西高辻信良宮司により銘飛梅」と付けられています。
端正な姿で、梅ノ木の木目がとても美しく艶やかな茶杓です。
一か所に虫喰のあとがあるところも見所となっています。

「飛梅伝説」
菅原道真が藤原氏の陰謀により太宰府に左遷されることなり、日ごろから愛でていた梅の木に別れを惜しんで「東風吹かば にほひをこせよ梅花 主なしとて春を忘るな」と歌を詠まれました。
道真を慕った梅は、道真が大宰府に着くと、一夜のうちに飛んで来たといわれています。


状態 古物A
販売価格 13,750円(内税) 特価
在庫数 売約済み
SOLD OUT

WebSHOP店長 栗林満


茶道具販売の栗林園へおいでいただき誠にありがとうございます。
各ページにお進みいただいて、どうぞごゆっくりとご覧ください。
sold outとなっている商品で新品のものにつきましては作者の手元や問屋に在庫がある場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top