膳所焼 玉水写茶入 (共箱)
陽炎園 岩崎新定

寸法:高さ 約7.6cm(本体) 径 約5.2cm
状態:新古品

遠州七窯で知られた膳所焼ですが、明治に一時途絶えその後大正8年、岩崎健三が名窯の廃絶を惜しみ山元春挙画伯とはかり、再興しました。
本作品は2009年に死去されました先代・新定氏の作です。

玉水の銘は、白釉のなだれが一筋ある景色から「つくづくと春のながめの寂しきは しのぶに伝ふ軒の玉水」の歌より命銘したものです。
瓢箪のしゃれた形、白釉の流れ、胴体横の輪違紋が特徴的な茶入です。
本歌は薩摩ですので、そっくりに写すというよりポイントは押さえ雰囲気を写しながらも、膳所焼らしさも大事にしてあります。
仕覆は本歌と違った伊予宝が添えられていますが、とても良く似合っています。
茶入本体、仕覆は新品、共箱とも新品と全く変わりません。
ただ、当初からのものですが金箔を貼った時の空気が少し入っている部分があることのみご了承の程お願いいたします。
状態 新古品
販売価格 37,400円(内税) 特価
在庫数 1・
購入数


WebSHOP店長 栗林満


当店では、ホームページからご注文をいただきましたら自動返信メールがまずお客様のもとに送られます。
その後、あらためて「ご注文確認書」をメール送信しております。
通常は当日もしくは翌日位には「ご注文確認書」をお送りいたしますが、携帯やヤフーメールなど一部のメールアドレスに送信しても返信されてしまいお客様のもとに届かないケースがございます。
お問い合わせや、注文をしたのに、当店からのメールが2〜3日経っても来ない場合は大変恐れ入りますがお電話にて一度お問合せくださいますようお願い申し上げます。

栗林園の商品評価基準


新品

窯元・作家・問屋などから近年に仕入れた商品

新古品

新品ですが窯元・作家・問屋・当店にて中長期在庫として保管してあった商品

古物

市場からの仕入や、お客様からの買出し等の商品古物は状態によって5段階に評価してあります

古物特A

未使用品

古物A

未使用に近い状態

古物B

使用感が少々あるが、大変綺麗に使用されている良品

古物C

標準的なお使いにおいての汚れ、シミ、傷、スレなどがある状態

古物D

大きな傷や割れ、また直しなどががある状態

※上記の評価は自店基準です


Top